MENU

スキルが身につく

JOB

高いレベルの事務処理能力

秘書とは、主に重役に付き、担当する重役のスケジュール調整や外部連絡、電話応対、接客応対など庶務全般を行う仕事のことです。弁護士、医師、政治家など専門職につくこともあります。秘書は重役につくことが多いため、企業の中でもレベルの高い人材が採用されることが多いです。そのため秘書として働くとレベルの高い人たちに囲まれて働くことになるので自然と意識とモチベーションが高まります。また重役自身もそこまで昇進したということは能力があるということなので、重役から学ぶこともできます。重役の対外的な顔となるポジションでもあるので、高いレベルのスキルが要求され、それに対応するうちにスキルアップができるというメリットもあります。秘書は複数人で行う仕事ではなく、単独で行う仕事なので、採用される段階である程度のスキルがあることが求められるのですが、仕事を通してさらにその能力は磨き上げられます。その後転職やステップアップをする場合でも秘書経験は有利に働くでしょう。またこのように高いスキルが必要なので、若さが武器になるばかりではありません。人生経験を積んだ人材を優先的に採用することも多いので、人生経験が有利に働きます。未経験者を採用する企業もなくはないですが、たいていは何らかの事務経験や接客経験は重視されます。秘書は総合的な庶務を行うため、事務の総合的な経験が積めるという点でも魅力といえるでしょう。ビジネスマナーなども身につきやすいです。