MENU

商業取引に関する業務

履歴書

企業が求める要素

貿易業務は商社やメーカーにはじまり、海運業や航空など物流で主要な業界から多くの求人があります。これらの求人に応募して職務に従事するためには職務経験だけではなく、専門資格も重要な要素となるのです。したがって、個々の職務経歴や取得資格に応じた求人先を選択することが大切なポイントとされます。貿易関連の職種では法規が重要な役割を担う通関の知識や代金決済、クレーム対応などの技術も要求されます。そして、海外取引で必要となる信用状の作成や各種申請方法なども学び実務に役立てることが大切です。貿易の求人では履歴書や職務経歴書にこれらの要点を盛り込み、個々の能力を積極的にアピールすることが求められます。そして、貿易関連の求人で要求されるスキルを証明するためには専門資格の取得が効果的とされます。これは貿易の資格はレベルが細分化されているものが多くあり、求人先も求職者の能力を取得資格で判断しやすくなるためです。そして、取得資格に応じて業務遂行能力が事前に把握できるので、求人先は資格の保有者を重要視しています。更に、語学力は貿易業務において非常に重要な役割を担う要素です。一般的には英語での文書作成の能力が重要視されますが、電話での顧客との交流ではスピーキングスキルも大事です。このことから海外在住経験の長い求職者が多く採用される傾向も見受けられます。そのため、世界の共通語とされる英語能力を判定する資格も求人先への応募で大いに役立ちます。